無料なのに豊富な機能!無料で使えるCRM厳選おすすめ10選!

無料なのに豊富な機能!無料で使えるCRM厳選おすすめ10選!

無料なのに豊富な機能!無料で使えるCRM厳選おすすめ10選!

無料なのに豊富な機能!無料で使えるCRM厳選おすすめ10選!

近年、導入企業数を伸ばしている”CRM”。現在導入を検討している方もいるのではないでしょうか?CRMには無料版のものから有料版のものまで多数存在し、それぞれ機能も異なるため、あまりCRMに詳しくない方にとっては比較・検討が難しいものとなっています。

CRM導入にはコストがかかるので、まず無料版のCRMの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか?

今回は、無料版おすすめのCRMに絞って、特徴や事例をご紹介していきます。

”CRM”ってなに?

おすすめCRMを紹介する前に、まずはCRMがどういうものか、簡単にまとめました。

 

CRMは厳密に言えば、顧客との関係を管理するマネジメント手法のことを言いますが、ITシステムとの深い関係から、近年では「CRM=顧客関係管理システム」とITシステムの意味を含み表現することがあります。(今回の記事では、CRMにITシステムの意味を含み表記します。)

 

CRMは「Customer Relationship Management」の略で、日本語で「顧客関係管理」と訳されます。

CRMは製品・サービスや資金、人材など多数のビジネスの要素の中でも、最も「顧客との関係」を重視したビジネス手法のことです。いくら優秀な人材が揃い、品質の良い製品・サービスが出来上がったとしても、顧客に購買してもらわないと意味がないといった考えがCRMの誕生につながりました。

 

ITシステムの発達はCRMの在り方を大きく変化させました。

ITシステムがCRMと融合することで、膨大な顧客情報を管理・分析できるようになったのです。

CRMを導入すべき理由

前の章ではCRMの意味、CRM誕生の背景を解説しました。

それではなぜCRMを導入すべきなのか、理由をご紹介していきます。

顧客の情報を貯蓄できる

前の章でも解説した通り、ITシステムとの融合により膨大な顧客の情報を貯蓄できるようになりました。CRMを使えば膨大な顧客の情報を貯蓄できる上に、性別や居住地域、特性などセグメンテーション別に分類することもできるので情報を分析する際に便利です。

 

また、CRM導入前は各部署でバラバラで管理していた情報を、一括にまとめて管理することが可能になります。情報を一括にまとめて管理することで、情報共有のための会議が減るなど業務の効率化が期待できるでしょう。

顧客を分析できる

顧客の情報を貯蓄できるとご紹介しましたが、さらにCRMはその情報を分析することも可能です。

情報を分析することで、さらなる契約や購買につながります。

例えば、ある健康食品会社がサプリメントAを発売したとします。サプリメントAを購入した顧客の情報をCRMによって分析した結果、40代~50代の男性による購入が全体の70%にのぼることがわかりました。この結果を踏まえ、40代~50代の男性が閲覧しそうなサイトにサプリメントAの広告を出稿すれば、さらなる売り上げの獲得や認知拡大が期待できます。

 

さらに、CRMによっては顧客の情報を自動でグラフ化してくれるシステムもあります。

グラフ化することで、より分析が簡単にできるようになりますね。

【無料版CRMの利点】無料だから安心できる

CRMを導入するにあたって、やはり気になる点が費用面。高い費用をかけてCRMを導入したとしても、使いやすく社内に必ず定着するという保証はありません。

無料のCRMなら、そのような問題を気にすることなくCRM導入に簡単に踏み切れるのではないでしょうか。

無料のCRMを導入するときの注意点

おすすめの無料のCRMを紹介する前に、CRM導入時の注意点をご紹介します。

無料のCRMは、有料のCRMに比べると、機能が豊富ではなかったり利用人数・データ量に制限がある場合が多いです。一般的に、無料のCRMを継続的に利用するのは難しいとされています。

CRMによっては無料版と有料版が用意されていることが多いので、まずは無料版を利用してみて、使い慣れたら有料版に移行するといった流れがいいでしょう。

【無料で使えるCRM】厳選おすすめ10選!

無料で使えるおすすめCRM10選をご紹介していきます。

それぞれの特徴や、無料のCRMを使った成功事例をいくつかご紹介していきます。

No.1:HubSpot CRM(ハブスポットCRM)

【特徴】HubSpot CRM(ハブスポットCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・すべての機能が完全無料

・数分のセットアップで簡単に利用開始できる

・管理画面がすっきりしていて見やすい

 

無料版と有料版があるCRMが多い中、HubSpot CRMは完全無料で利用できることが特徴です。数分のセットアップですぐに利用できるので、試しにサクッとCRMを始めてみたいという企業におすすめです。管理画面がすっきりしていて見やすいため、パソコンスキルに自信がなくても簡単に利用できます。

 

【事例】

株式会社電算システムがHubSpot CRMを導入した例をご紹介します。

電算システムは、収納代行サービスを提供する企業です。導入前は、メルマガやセミナーの管理を異なるツールで行っていたため、作業工数が多くかかっていました。しかし、HubSpot CRM導入後はメルマガやセミナーの管理を一括で行えるようになったため、作業工数が大幅に削減され業務効率化につながりました。またコンバージョン数が、数カ月で300件から400件に増加し集客の効率が一気に向上しました。

 

【サイトURL】https://www.hubspot.jp/products/crm

 

No.2:vTigerCRM

【特徴】vTigerCRM(ヴイタイガーCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・柔軟にカスタマイズが可能

・世界10ヶ国以上の言語に対応

・世界で450万ダウンロードの実績

 

vTigerCRMは世界10ヶ国以上の言語に対応しているため、海外との取引がある企業におすすめです。柔軟にカスタマイズが可能で、それぞれの会社のスタイルに合わせて、使いやすい形に変化させることができます。これなら社内に定着しやすそうですね。

 

【サイトURL】https://www.vtiger.com/ja/

 

※vTigerCRM無料版は、有料版に比べて利用できる機能に限りがあります

No.3:zoho CRM(ゾーホーCRM)

【特徴】zoho CRM(ゾーホーCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・様々なコミュニケーションチャネルの情報を一括管理できる

・全世界で5万社に導入された実績

・重要顧客を抽出してくれる

 

zoho CRMは全世界で5万社の導入実績がある人気CRM。電話やメール、SNS、チャットの情報を一括にまとめて管理ができるので、そこから新しい商談のチャンスが生まれる可能性もあります。

また、膨大な顧客情報の中から契約・購入につながりそうな顧客を「重要顧客」として抽出してくれます。重要顧客がわかると、その顧客に対して追加でメールを送るなどの積極的なアプローチが可能なので効率的な営業活動が実現しますね。

 

【サイトURL】https://www.zoho.com/jp/crm/

No.4:SugarCRM

【特徴】SugarCRM(シュガーCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・顧客のセグメント分けを自動で行ってくれる

・顧客からの問い合わせ情報が可視化できる

 

SugarCRMではセグメント分け(顧客を性別や年齢で分類すること)が自動で行われます。さらに、セグメント分けした情報を表やグラフとして可視化してくれるので、表やグラフ作成の手間が省け、業務の効率化につながります。

担当者の中でブラックボックス化してしまう顧客からの問い合わせ情報も、SugarCRMを利用することで問い合わせ内容や対応情報が組織で共有できるようになります。情報を共有することで、対応の改善が期待でき、顧客満足度の向上につながるでしょう。

 

【サイトURL】https://sugar.systemplanet.co.jp/

No.5:F-RevoCRM(エフレボCRM)

【特徴】F-RevoCRM(エフレボCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・オープンソースのクラウドサービス

・カスタマイズが簡単

 

F-RevoCRMはオープンソースのクラウドサービスなので、特定の開発者に依存せずにスピーディーに構築・運用ができます。また、カスタマイズが簡単で、業務にフィットさせやすいといったメリットがあります。

 

オープンソースならではの注意点もあります。

自らソースコードをダウンロードしてインストール・セットアップすれば費用は一切かかりません。しかし、それらの初期作業や、メンテナンスを外部に委託する場合は、その分の費用がかかる場合もあります。

 

【サイトURL】https://f-revocrm.jp/

No.6:FlexCRM(フレックスCRM)

【特徴】FlexCRM(フレックスCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・すべての画面をスマホ・タブレットで閲覧できる

・メンテナンス費用が不要

・完全無料のCRM

 

FlexCRMは企業の規模関係なく無料で利用できるCRMです。クラウドサービスであるため、バックアップや不具合対応は不要で、メンテナンスコストはほぼかからないのが特徴です。

すべての画面をスマホ・タブレットでも閲覧ができるため、外出先でも利用しやすいCRMです。

 

【サイトURL】https://flexcrm.jp/

No.7:SkyDeskCRM(スカイデスクCRM)

【特徴】SkyDeskCRM(スカイデスクCRM)の特徴は以下の通りです。

 

・データ入力が簡単

・中堅・中小企業に人気の無料CRM

 

SkyDeskCRMはさまざまな業界の中堅・中小企業に人気のCRMです。データ入力が簡単なため、使いやすく社内に定着しやすいCRMと考えられます。

海外企業が提供するCRMが多い中、SkyDeskCRMは富士ゼロックスが提供している国産CRMです。

 

ただし注意点として、無料で使えるのは3ユーザーまでという制限があります。

 

【事例】株式会社たていし園がSkyDeskCRMを導入した例をご紹介します。

たていし園はお茶の製造・卸・小売を主な事業とする会社です。SkyDeskCRM導入前は、顧客との案件情報を営業担当者が独自で管理するといった方法をとっていました。しかし、これではマネジメントの立場から営業活動の進捗が見えにくいといった問題がありました。

導入後は顧客との関係を一括管理できるようになり、案件情報が見えるようになりました。また、目的の情報を検索で探すことができるので、作業効率も向上しました。

 

【サイトURL】https://www.skydesk.jp/ja/products/crm/

 

No.8:Ambassador Relations Tool(アンバサダーリレーションツール)

【特徴】Ambassador Relations Tool(アンバサダーリレーションツール)の特徴は以下の通りです。

 

・総顧客数10,000人まで無料

・MA(マーケティングオートメーション)機能あり

・効果的なメールマーケティングができる

 

Ambassador Relations Toolは総顧客数10,000人まで追加が無料のお得なCRM。CRMと合わせてMA(※1)の機能もあり、顧客に対して効果的なアプローチができます。顧客満足度のアンケートメールが簡単に送れる他に、NPS(ネットプロモータースコア)(※2)を計測するアンケートメールも簡単に送ることが可能です。メールマーケティングによって、今後の戦略が明確化しそうですね。

 

(※1)MA…Marketing Automation(マーケティングオートメーション)の略。マーケティング活動全般を自動化することを指します。

(※2)NPS…顧客ロイヤリティ(企業やブランドに対してどれくらい愛着や信頼があるか)を測る指標のこと

 

【サイトURL】https://amb-r-t.jp/

No.9:CiviCRM

【特徴】CiviCRMの特徴は以下の通りです。

 

・オープンソースのCRMである

・非営利団体が利用する目的で開発された

・各国の言語に対応している

 

CiviCRMは非営利団体が利用する目的で開発されたCRMで、主に名簿管理として活用されています。複雑な機能はいらず、顧客の名簿を管理したいという企業・非営利団体におすすめです。CiviCRMもオープンソースであり、カスタマイズが自由です。

 

【サイトURL】https://civicrm.org/

No.10:フリーウェイ顧客管理

【特徴】フリーウェイ顧客管理の特徴は以下の通りです。

 

・無料でも1,000データまで追加できる

・セキュリティー面がしっかりしている

 

フリーウェイ顧客管理は1,000データの追加、3人までのデータ共有が無料のCRM。無料のCRMでも、金融機関などで利用されているAWS(Amazon Web Services)を採用しているため、セキュリティ面も安心できますね。

 

※1,000データ以上の追加、3人以上の共有は有料

 

【サイトURL】https://freeway-customer.com/

無料で使えるCRMを活用してみましょう!

いかがでしたか?

今回は無料で使えるおすすめCRM10選をご紹介しました。記事内でも解説したとおり、無料版のCRMは使える機能が限られていることが多いです。しかし、無料だからこそ、気軽に使い勝手を試すことができ、社内にCRMが浸透するかをテストできます。継続的にCRMの利用を考えている企業は、まずは無料版のCRMを使ってみて、十分に使えるかどうかを見極めてから、有料版を使うようにしてみてはいかがでしょうか?

顧客管理システム(CRM)カテゴリの最新記事